2019_0320_001_article_nikkei_cloudfirst_azure_function_service_evaluation.jpg

日経クラウドファーストにAzure Functionsのサービス評価記事が掲載

日経クラウドファースト2019年3月号にて、当社の鈴木章太郎、木下龍祐が執筆したAzureサービスの評価記事が掲載されました。

イベント駆動型コード実行サービス「Azure Functions」は2018年9月にバージョン2.0が登場し、Javaに対応しました。2018年には、従量課金プランでのLinux対応、ワークフロー機能追加なども行われました。これら最近のアップデートを解説する。検証では、Linuxの従量課金プランについて、インスタンスの起動時間や割り当てメモリーサイズを調べます。

日経クラウドファースト(2019年4月号)
サービス評価「イベント駆動型コード実行 Azure Functions」

Linuxの従量課金プランが追加 起動はWindowsより2秒近く早い

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclncf/service/00045/031400002/



■本件に関するお問い合わせ(報道機関向け)
株式会社FIXER 広報担当
E-mail:prd@fixer.co.jp TEL:03-3455-7755 FAX:03-3455-7500

Follow us